<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
楽天ランキング
<% content.footer -%>

七五三の着物そろそろ新作の季節です

七五三

三歳 五歳 七歳と
それぞれに可愛いですよね。

子どもの大事なイベント
親にとっても大事な思い出ですよね

ヤフオクでいろいろ見てたら
新品、新作も結構多いんですね




大人ニキビに草花木果top

籐かごのパンかごでパン屋さん気分の朝

ゴルフ場も太鼓判!バロネス 芝生の肥料 5kg入り



七五三のお祝いと内祝い【2】

子どもフォーマル七五三のドレス&着物
七五三のこと
七五三のお祝いと内祝い

お祝い返しの時期(内祝い)
☆お祝い返しの時期
内輪の祝宴に招く人は当日の会食で相当、
招かない人へは一週間以内に「内祝」を贈ります。

贈り元 子供の親
表書き 内祝 七五三内祝
のし紙: 花結び祝

本来はお返しをしなくてもよいのですが、参拝後、家族で祝いの席を設けるなら、祖父母などをそこに招待するといいでしょう。
遠方の場合は、写真やビデオなどにお礼の手紙を添えて送ります。
近所に挨拶するときは、子供の歳の数だけ入った千歳飴を持って訪問し、
お祝いをいただいたお返しには、
赤飯
や紅白の干菓子
などを持参します。お返し時期は、
当日より1週間以内に。頂いた金額の三割から半額ほどを目安にしましょう。

千歳飴

飴をひっぱると伸びることから寿命が延びると考えられる縁起物。


七五三のお祝いと内祝い【1】

子どもフォーマル七五三のドレス&着物
七五三のこと
七五三のお祝いと内祝い
お祝いを贈る時期
11月初めより当日までに贈ります。
お祝い金股をお祝い品を送る。
表書き・・・七五三御祝御祝
      御髪置御祝(3歳)
      御袴着御祝(男児5歳)
      御帯解御祝(女児7歳)
のし紙: 花結び祝
金 封: 赤白花結び
     赤白あわび結び

ごく内輪の祝いなので、祖父母など親しい身内でなければ贈り物をする必要はないのですが、
贈り物をする場合は、希望を聞き、晴れ着に必要な小物やバッグ、ぞうりなどの他、図書券、文具券、絵本、玩具などを。

お金を贈る場合の金額の目安は、親しい間柄の身内で5千円〜2万円、友人や知人なら3〜5千円が目安とされています。


七五三肩上げ・腰上げ

七五三のドレス&着物・・・11月15日は七五三

七五三肩上げ・腰上げ

腰上げ、肩上げは子どもが着物を楽に着られるようにする先人の知恵です。

 着物の丈(たけ)を腰のところで縫いつまんで着丈を調整します。
 裄(ゆき)についても肩山を中心に前身頃から後ろ身頃にかけて縫いつまみます。

 要は、裾と袖を引きずらないように、体格に合わせて腰と肩の部分をたくし上げて綴じておくのです。
 お母さんの手縫いで十分出来ます。ぜひチャレンジしてみましょう。

詳しくは⇒肩上げ・腰上げ

結び帯&箱せこセット


お宮参りの着物の店【京の初着屋】

七五三パパは。名カメラマン?記録を残しましょう


七五三パパは、名カメラマン?記録を残しましょう
晴れの衣装に身を包み、おすまし顔のチビ。
おめかしがすんだら、いよいよパパの出番!
一生に一度の大切な記念日を、カメラにおさめておきましょう。特に女の子は、あまりにもいつもと違う自分の姿にとまどってしまう子も多いとか。パパのやさしい声かけと盛り上げで、ちょっぴり緊張をほぐしてあげるのもよさそうです。



スタジオで撮影をする機会なんて、七五三を過ぎるとそう訪れるものではありません。せっかくですから、主役たちのショットにプラスしてパパ・ママも加わった1枚をプロにお願いするのも悪くないのでは?きっといつまでも大切な、家族のお宝になるはずです。
撮影はお参り前に済ませてしまうか、日にちを変えて行うという方法もあります。

チビの体力を考慮して、無理のないプランを立ててくださいね。




七五三の準備はどうするの?

七五三のドレス&着物・・・11月15日は七五三

七五三の準備何したらいいの?

11月15日にお祝いをするようになったいわれは諸説ありますが、現在ではこの前後の都合のよい日に行っている家庭が多いようです。
込みあう時期なので、お祓いをしていただく神社には、ぜひ事前の連絡を。その際に、謝礼の金額を確認しておくのもよいでしょう。「玉串料」「初穂料」として納めますが、料金が定められていなければ3,000円から1万円が相場のよう。




また、なれない足袋や草履でチビがぐずらないよう、慣れさせておくことも大切です。浴衣があれば利用して、着物の練習もしておきましょう。

七五三の衣装どうする?

七五三のドレス&着物・・・11月15日は七五三

七五三の衣装どうする?
日本古来からの伝統行事ということで、
できれば和装でと考えているパパ・ママも多いはず。

最近ではレンタルが主流となっているようですが
、年齢に応じた基本的な服装マナーは知っておくと
きっと役立つはず。
また、洋装で男の子なら入学式などにも着られる
スーツやブレザーを用意するのもひとつの手段ですし
、女の子でしたらうんとお洒落なレンタルドレスを利用するのもよいでしょう。
いろいろ調べて選ぶ楽しみも味わいましょうね。



もちろん、髪もきれいにセットすれば、七五三スタイルは完璧です!




七五三って???

七五三のドレス&着物・・・11月15日は七五三

七五三は、どうしてするの?
昔から日本では奇数を喜びの吉数と尊び、子供たちの成長の節目としてきました。幼児の生存率が低かったこともあり、7歳までは「神の子」、7歳を迎えてはじめて人間の世界にデビューするという考え方をしていたようです。武家社会の頃から行われるようになったという儀式は次のとおり。

3歳「髪置き(かみおき)」…剃っていた髪を伸ばし始める
5歳「袴着(はかまぎ)」…男の子がはじめて袴を着用する
7歳「帯解(おびとき)」…女の子が紐付の着物から帯をしめる着物にかえる



これをひとまとめにしたのが七五三。
誕生から年月を経たわが子の姿を神様に見ていただき、さらに健やかな成長を祈るという、大切な行事なのです。

昔は数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳で祝いましたが、現在は満年齢で男の子は5歳のお祝いのみというのが一般的。
兄弟姉妹がいる場合は、あまり年齢にこだわらなくてもよいそうですよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。